中学中学受験成功に塾は欠かせませんでした

娘が成長するにつれ中学受験を考えるようになり、また家から通学できる範囲内に通わせたいと思える学校もあったことから、受験を決意しました。初めは家庭教師からとも考えたのですが、負けず嫌いな娘の性格を考えて、周りに生徒さんが他にもいる環境で切磋琢磨するほうが伸びるに違いないと思い、塾に通わせることとしました。周囲には同じ学校を目指しいているご家庭もあり、家庭教師をお願いしている親御さんもいらっしゃいましたが、やはり塾はそれまでの知識や経験の蓄積が桁違いだなと情報交換をしていて感じます。
講師の先生には講師歴何十年といった大ベテランもおられ、過去何十年分もの受験に関する知識や経験、また希望校の出題傾向などはやはりとても頼もしいものでした。生徒一人一人の実力を推し量り、夏期講習時には家まで激励電話を下さるなど、子供のやる気を奮い立たせてくれる頼もしい存在です。
娘も、わからなかった問題が解けるようになり、また成績が上がるのも楽しいらしく、塾に行くことを嫌がることはなくむしろ楽しみに通っていました。親の私ができることは、風邪をひかないように体調管理に努めたり、美味しいものを作ったり、送り迎えをしたりということぐらいでしたが、中学受験の発表の日、娘から感謝の言葉を伝えられ感激しました。人間的にも中学受験は娘を成長させてくれたと思っています。