塾への信頼が中学受験成功のカギ

娘は2016年に慶應中等部合格するために国語の勉強を始めました。普通でしたら、低学年から準備を始める方も多くいる中学受験の世界において遅すぎるスタートだった娘も、一年間の熱心なサポートのおかげで無事志望校合格を勝ち取ることができました。

入塾したころの模擬試験ではどの教科もとりこぼしが多くぜんぜん点数も届かない状態でした。これでは受験までには間に合わないと真っ青になった記憶があります。

丁寧な対応により苦手教科を克服できました

しかし塾の先生が丁寧に対応してください、一つ一つ苦手なところを克服してくださいました。親としても中学受験の知識はほとんどなかったので、その点でもたくさんの情報をくださって助かりました。娘も授業が楽しいと言って、受験間際では夕飯もお弁当持参で勉強をしていました。受験の対応をしてくれる塾はたくさんありますが、子供が一番過ごしやすく勉強しやすい環境のところがいいと思います。あと先生との信頼関係が何よりも大切です。さらに、中学受験の直前1ヶ月は家庭教師もお願いし、協力してサポートしてもらいました。

試験当日までそれぞれの教科のとりこぼしが心配でたまりませんでしたが、一年間やれるところまでやりきったという自信はなによりも娘を後押ししてくれたのだと思います。受験は1人では乗り越えられません。プロの知識と技術でバックアップしてる塾と先生を信頼して努力すれば遅いスタートでも合格を勝ち取れます。